もひょもひょしたブログ

タイトルから察してあげてください

幸福な睡眠論

この記事はなんかのアドベントカレンダー8日目の記事です。
支離滅裂アドベントカレンダーとかあったらついでにこの記事を登録しといてください。

さて、突然ですが皆さんは、皆さんが抱えている根本的な問題についてご存知でしょうか?

それは、人間なら、いえ、おおよその動物なら誰もが逃れられなかった性質にして、進化における生物としての敗北で、生まれながらにして持っている原罪の証にして、無意識のうちに「時」を貪るものです。

そう、ここまでくればもうおわかりかと思います。

それは「睡眠」です。



睡眠と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?

やはり「幸福」という言葉を思い浮かべる人が多いでしょうか。
確かに、一見すると睡眠は幸福の象徴です。加えて、本能そのものでもあります。
これらのことから、人生において必要不可欠なもの、そう思っている方が大多数かと思います。

しかし、この睡眠という行為は本当に必要でしょうか?
よく三大欲求として「食欲・睡眠欲・性欲」が挙げられますが、このうち「食欲」は生命維持には必要不可欠ですし、「性欲」も繁殖する動物としては重要な欲求でしょう。
しかし、睡眠欲ってぶっちゃけ要りますか?必須な要素にする必要ありますか?

そもそも私達にとって睡眠が何のために必要か、考えてみましょう。


よく言われる睡眠の目的は「大脳を休ませるため」です

f:id:G2U:20161207231104p:plain


夜が暗いから休むんだと言う方もたまにいますね

f:id:G2U:20161207231416p:plain


記憶の整理のためという説もあるでしょう

f:id:G2U:20161207231108p:plain




つまり、実のところ睡眠は、人間がうまく実装されていれば必須にするほどのものでないわけです。
この世界の人間をプログラミングした管理者は、睡眠によほどの恨みがあるのでしょう。
でなければ、睡眠という要素と本能を結びつけるなどという、睡眠概念を冒涜するようなそんなおぞましいことはしないはずです。
もし僕が管理者なら、音楽性の違いとかでこの世界の管理者とユニットを解散して、別の枝分かれした世界を管理しているに違いありません。
その世界では人間は睡眠を必要としません。
睡眠は、もはや純粋に幸福を得るためだけに存在するわけです。

ああ、素晴らしき睡眠よ。それは本能という咎から開放されて、それ本来の純粋さを取り戻し、それの用いる最大の効果でもって、我々に幸福を与えてくれるのだ。
穢れなき睡眠よ、偉大なるヘルメスの息吹よ。睡眠はかくあるべきで、それ以外であってはならないのだ。
我々がその概念を見て、その概念に必ずしも徹する必要はないが、我々がそれを用いるのみならず、概念を歪めるなどあってはならないのだ。
睡眠は、睡眠のみであれ。我々の夢とともに、存在しない幸福とともに。

睡眠について『幸福な睡眠論』―― G2

つまり何が言いたいかというと、学校やら会社やらの始業時間を遅らせてもっと寝させてほしいということです。
もしくは、自転がもう少し遅くなればいいな。
さて、おふとんは気持ちが良いですね。僕はもう寝ます。睡眠最高!おやすみなさい。

明日は @9071tomato さんの「1限ダッシュのコツ…?」です。

おまけ

ヘルメスとは

ギリシャ神話において、幸運と富、夢と眠りなどを司るオリュンポス十二神の一神です。主にゼウスの使いとして活躍します。
多面的な神であり、狡猾、知恵者、盗みを司るといった一面も持っていて、別解釈では学問とか司ったりもします。
これで女天使とか女神属性持ってたら、腹黒天才睡眠少女神というおいしいキャラクターを創造できるのに、普通に青年です。
ちょっと頑張っておねむ系腹黒ショタ神が限界でしょうか。あとは腹黒爽やかイケメン青年神というのも……一部ではウケが良さそうですね。
ギリシャ神話に限らず、どこも神話とか昔話とかって結構性癖のオンパレードみたいなところがありそうです。
例えば古典文学とか、一番エキサイティングな部分では登場人物の性癖がよじれてたりドロドロしたりしてるとか聞きますよね。
インド神話とかは、神の性行為一つとっても何百万年とか数億年規模の一大スペクタクルを巻き起こしています(シヴァで色々検索してみてください)。
これ以上言うと真面目に研究してる人から、キムチ2トンとかを自宅に送りつける嫌がらせされそうなのでやめます。

三者三葉

記事に使用した画像は、三者三葉というマンガの一コマを切り抜いて使用させていただきました。
今年アニメ化して、ニコニコ動画で一話無料公開してます。マンガもアニメもかわいくて面白いですのでぜひ見てみてください。
www.nicovideo.jp

今度こそ本当におやすみなさいませ。