もひょもひょしたブログ

タイトルから察してあげてください

がっこうぐらし!10話EDを見て、これまでのOPEDと関連して思ったことをほんの少し







ネタバレ含みます。











がっこうぐらし8話EDに、めぐねぇが白背景に桜吹雪の中歩いているシーンがありますけど、あのシーンだけ妙に不自然だなぁって思ってたんですよね。
ED1で主要キャラクターが歩くシーンがあるのと重ねているという推測はできますが、演出にしては白背景が手抜きに見えたんです。

そこにきて、10話で太郎丸が白背景シーンに参戦したことで、あのシーンが死とか別れとかそういった類のものを暗示しているんだろうと予測できるようになったわけです。
ところで同じようなことを考えた方もいらっしゃると思いますが、太郎丸とめぐねぇが立っている後ろスペースが、妙に大きいと思いませんか?

ED1で主要キャラクターが歩くシーンでは、太郎丸を先頭に少しスペースをあけて、ゆき、みーくん、くるみ、りーさんと学園生活部の面々が続いているんですが、例えばこの太郎丸とゆきの間に、10話EDのめぐねぇを突っ込んで白背景のシーンに当てはめてみたらどうなるかなとか、スペース的にはゆきのポジションにめぐねぇが入るとちょうど良いかな、とか思っちゃうわけです。あのスペースの意味深さ、半端ないです。

そういえばED1の歩くシーン直前には、めぐねぇ白背景シーンと同じ花びらが風に飛ばされる描写があったり、ここでのシーン切り替わりが白背景だったりと、とても意味深でしたね。
この花びらはめぐねぇの暗示でしょうし、これまでのめぐねぇ推しと、花びらが結構な頻度で見られることを合わせて、花びらシーンには要注目でしょうか。

こんなことを考えていたら、ED1の川が三途の川にしか見えなくなってきました。
あ、そうすると、学園生活部の面々が川を見ながら立ち(座り)止まっているシーンは、めぐねぇと太郎丸を見送っているシーンという解釈もできそうですね。どう解釈すれば良いのか、悩ましいです。

個人的にはED1のラストで、ゆきが起きる場面は、最終的にゆき以外誰も残らないんじゃないかと思うんですよね。
そもそも9話でくるみが消えた時点で、残りも全員消えるんじゃないかと。
というか、一番最後のゆきが泣きそうな顔で笑うシーンとか、ゆき以外写っていないわけですよ。
もうこのシーン、何かの伏線と言うか、最終的に視聴者が「あれはそういう意味だったのか……辛い……」ってなるように用意されてるんじゃないかと、邪推してしまうんです。
だから、ゆきだけ生き残りENDなんてのもアリかなと。


まあ多分4人全員生き残りますけどね。そんな気がします。もし全員生き残ったら、誰かゆきだけ生き残りENDの二次創作でも作ってこっそり見せてください。

うーん、原作との違いが気になりますね。まだ読んでないので、アニメ終わったら読もうと思います。それでは。